SCUDERIA FERRARI(スクーデリア・フェラーリ・ウォッチ)


モータースポーツに磨きぬかれたスクーデリア・フェラーリ・ウォッチ
              
レーシングチーム、スクーデリア・フェラーリ

1929年に、アルファ・ロメオのセミワークスレーシングチームとして、エンツォ・フェラーリとその友人により設立され、フェラーリ氏自身も1932年までスクーデリア・フェラーリのレーシングドライバーとしても活躍していた。この「スクーデリア・フェラーリ」こそが、フェラーリ・ブランドの前身となるのである。
現在ではフェラーリが運営するワークス・レーシングチームであり、同社のモータースポーツ部門 (Gestione Sportiva,GES) にあたる。現在はF1のコンストラクターとして活動しているが、かつてはスポーツカー世界選手権にも参戦していた。
?
モータースポーツを極めたスクーデリア・フェラーリ・ウォッチ
このモータースポーツのDNAを受け継いだのがスクーデリア・フェラーリ・ウォッチである。プロダクト・ラインナップも、Engine Platforms (F-1エンジンのイメージ)、PIT CREW (ピット クルー)、LAP TIME (ラップ タイム)、RACE DAY (レース デイ)、SCUDERIA (スクーデリア)、PADDOCK (パドック)など、モータースポーツからインスパイアされた時計であることのポジショニングを明確に伝えている。デザイン、機能、素材の細微に至るまでF-1サーキットの臨場感を伝えるラインナップがスクーデリア・フェラーリ・ウォッチの特徴である。

ページ上部へ戻る